前へ
次へ

色の心理から見た、通販サイトの運営術

通販サイトの運営は、人に与える色の心理についても押さえておかなければなりません。
ユーザーが好む色を予め把握されていれば問題はありませんが、不特定多数の人をターゲットにする場合は、基本的な色の心理について知る必要性があります。
割合として企業のロゴマークは、赤色を多く利用している場合もあるでしょう。
赤は、血の色と同じであり、人は赤色みると危険を感じ無意識に軽い興奮状態を引き起こします。
信号機の赤の様に、赤色には意識を高めさせる効果があります。
逆に青色は、冷たいイメージから抑制力を与え、興奮状態を抑える働きがあります。
通販サイトの買い物は、行動を促す興奮状態が望ましく、寒色系である青色の多様は望ましくありません。
ただし、色の与える人の心理を考えた通販サイトばかりでは、他の通販サイトと差別化ができず、特徴を表に出しにくい難しさもあるはずです。
プロ野球のチームの様に、チームを表す色を決める様に、ワンポイントとして各ページ用にするのも良いでしょう。
緑は、自然をイメージしやすく、創造性のある表現力を持ち合わせています。
黄は、信号機でも扱われている様に変化や明るさを表す色でしょう。
多様な色を一度に扱うと、各々の色の効果も分散され落ちてしまいます。
そのため、通販サイトを運営する場合は、色を扱う割合についても考えなければなりません。

Page Top